本文へ移動

よくあるお客様のお悩み

すまいの中で、もっともキズやヨゴレが気になる場所といえば、やはり床です。
床の素材には、キズやヨゴレに強く、掃除がしやすいものを選ぶことがポイント。壁も愛犬が触れる高さまでは、上下の張り替えや、取り替えがしやすいものにしたり、キズやヨゴレにつよい腰壁を設けたりする工夫が必要です。
まずは、通風・換気に気をつけます。家の中で空気の流れを考えて愛犬の居場所やトイレを設置します。ふだんどのように空気が流れているかを知りましょう。
また、掃除をしやすい住環境にし、清潔さを保ちやすくすることもポイント。壁材や、天井材、カーテンには、ニオイを吸着・軽減でき調湿効果のあるものを採用することも重要です。
滑りやすい床や、愛犬の体に合わない段差の上り下りがあると、転んだり足腰への負担が蓄積されたりして、重大な疾患を招くことがあります。たとえば脱臼やヘルニアなどになり、思うように歩けなくなってしまうケースもあるようです。
滑りにくい床を設け、段差はできる限り解消し、愛犬にも人間にもやさしいすまいにしましょう。
もちろん場合によってはエリアを分けることも必要ですから、適度な段差をつくりたいということであれば、お気軽にご相談ください。
自分の居場所があると、愛犬も精神的に落ち着いて生活できます。
寂しがりやの愛犬のために、安心して過ごせる快適な専用の居場所を、リビングなどの家族が集まる場所の一角に確保してあげましょう。
愛犬も家族の一員です。家族の顔が見える場所に居場所をつくってあげることで、互いに安心して暮らせる環境がつくれます。

その他の質問

Q. ボール遊び等に興味が無く、ボールに見向きもしません
Q. 近所の方が犬嫌いで、散歩するだけでも嫌な顔をされます。近所の方に理解してもらう方法はありませんか。
Q. 4ヶ月になるラブラドールに、強い力で引っ張られてしまいます。引っ張り癖を治す方法はありますか。
Q. 3ヶ月のパピヨンを口を掴んで叱っても、反抗されてしまいます。
株式会社小川工務店
〒221-0001
神奈川県横浜市神奈川区西寺尾2-30-21
TEL.045-433-2588
FAX.045-433-3939
0
0
0
3
1
9
TOPへ戻る